foto1
foto1
foto1
foto1
foto1
お問合わせ
labo@pan-records.com
Pan Records

戦前ブルース音源研究所

Pre War Blues Laboratories

ログインして記事を読む

                                                                                                                                                        戻る

  【Wisconsin Chair Company】

 
ウィスコンシン州 グラフトン 

この小さくて 静かな町がブルースの歴史にとても重要な役割を果たした町であると
言われてすぐに連想できるだろうか。

ミシシッピ・デルタやメンフィス、いやブルースといえばシカゴを連想するかも知れません。 
黒人音楽の記録はRace Recordsと呼ばれるカテゴリーとして1920年頃マーケットに登場しました。

ウィスコンシン・チェアー・カンパニーの多くの事業の一つにレコード事業があり 
「The New York Recording Laboratories」という会社として
Paramount Label」に代表されるレコードを多数販売しておりました。

NYRL(New York Recording Laboratories)の本社は、グラフトンに程近いポートワシントンにありました。
グラフトンはチェアーカンパニーの工場所在地で、
その大きな建物の中で多数の事業商材の生産をしておりその中にレコード盤のプレス工場を持っておりました。

このグラフトンからレコードは全国へと出荷されていたのです。

 

忘れてならないのは、同工場敷地内に設けられた録音スタジオによる自社の録音事業の開始です
1929年の事であると伝えられてます。

このグラフトンに音楽史に名を連ねるアーティスト達が続々と訪れたのです。

おそらく一番初めにやって来たアーティストの一人に Papa Charlie Jackson がおりました。

彼は1929年9月にマトリックス番号A-1_2 " Tain't Wht You Do But How You Do It"を録音しました。


(A-のマトリックスはL-に置き換えて
考えてもいいかも知れませんがミルウォーキーでの録音であったとも想像されてます、
その後はグラフトン録音L-マトリックスに続きます)   

 McKENZIE & CRUMP (L-6) ,GEORGE THOMAS(L-17),と録音は進み、
L-23にはBlind Blake,  そしてCharlie Spand(L-34),  
Charley Patton(L-37)へと続いていくのです。


 工場のあった場所 現在は僅かにその痕跡(残骸)を残すのみとなってますが、
そこにはParamountの軌跡として案内板が接地されております。



1930年代中期には廃業としたレコード事業の遺産(在庫等)が残されていたらしいのですが、
他社レコード会社へ一部貸し出しや権利譲渡などもしながら
徐々にレコード産業から撤廃したようです。

その後残されたメタルマスターやレコードの在庫、フライヤーなどの資料はどうなったのだろうか?

資料は 本社があったポートワシントンで保管されていたとの話もあり、また一部は関係者の自宅へ、
また一部はレコードファクトリーにそのまま・・

1940年代には在庫・不要なレコードは工場に面したミルウォーキー川へフリスビーの様に
投げ込まれたという噂話があります。

その俄かに信じがたい話しは本当であったと現地で聞くことが出来ました。(Ray Last談) 

それがどの程度の規模の話かはわかりませんが信じられないような噂話は嘘ではなかったらしい。
また彼(Ray)の父親が所属していたギターオーケストラの写真もご提供頂く事ができました(1930s)

その写真にはRagal社製のDOBROギターを持つ
男女30名ほどのビックバンド?の姿が写っておりました。

ちょうど彼の父親の年代がタイムリーであり多くはグラフトンの工場で働いていたことでしょう。

  

  【Grafton Hotel】

サンハウスの証言によれば1930年 チャーリー・パットン、ウィリー・ブラウン、ルィーズ・ジョンソン等と
録音の為グラフトンを訪れ、グラフトンホテルに宿泊したと伝えられてます。

その証言が本当だとすると彼等が宿泊したホテルを今も見る事ができます。

グラフトンホテルは営業はしていないものの 未だにその場に健在であります。

黒人ミュージシャンはグラフトンに近いミルウォーキーに滞在し、録音スタジオに送り迎えされたという話もあります
そしてスタジオへ上がるエレベーターは従業員用ではなく荷物の搬出入用を使用させられたとも語られてます。
 
グラフトンでの僅か3~4年間の録音事業の中では色々なケースがあったのだと想像してます。


 
ブラインド・ブレイクも宿泊したかも知れない。 

このホテルに宿泊したサン・ハウスによれば10曲ほどの録音で40ドルを手にしたらしい、
1曲4ドルってところでしょうか。

1930年南部の農場で一日いくらもらえたのかを想像するとリッチな話である。
ちなみにチャーリー・パットンは一曲15ドルの計算になりますねぇ~。

そしてチャーリーは、ウィリー・ブラウンやサン・ハウス等のサンドイッチやタバコ代に
100ドルをもらったそうな・・・ 本当なのだろうか・・・・・。

いずれにしても 1930年 今から80年ほど前 このグラフトン・ホテルに彼らは宿泊した。
看板スターであったブラインド・ブレイクも 彼らが宿泊出来たのであれば間違いなく
このホテルに宿泊したことがあるはずだ。

 そんな想像をして見ると感慨深い想いが込み上げてくるのです。

彼らは このホテルに向かって左側 レコードファクトリーまでまっすぐ伸びる12Aveを、
てくてくと歩いて行ったのだろう。。。。

録音スタジオまでは徒歩で10分くらいでしょうか。下の写真は2008年9月の写真ですが
屋根の上のとんがり帽子は既に在りませんでした。 

よくご覧ください、一階の下の茶色い部分に四角い窓があります、実はそれは地下室の光の取り込み窓です。
このホテルには地下一階が存在しておりそこはバーとなっていたようです。

もしかしたら彼らはここで酒でも飲んだのでしょう、いやギターでも弾いたのかもしれない。

このグラフトン・ホテルを背にしてブラインド・ブレイクの記念式典で演奏をして来ました。 
壇上に駆け上がり、来賓の方々へ正坐をし
 膝の前に両手の正拳をつき深く頭を下げお辞儀をしました・・・・・ 
 
 壇上から降りて腰かけてギターを抱える
  
背中には80年前ブレイク達も宿泊したであろうグラフトンホテル。
 神頼みをしない私は 「ブレイク 俺に力をくれ・・・・・」と 心の中で念じました。
そしてゆっくり目を閉じ演奏を始めました・・・・・・ 

そう 盲目のブレイクと同じ条件で。  

 背後のグラフトン・ホテルから感じる ブラインド・ブレイクの魂・・・・ 
Blind Arthur's Breakdown ・・・・・Wabash Rag・・・・・

 80年後に海の向こうから来た日本人がここでブレイクを弾く。
自分がやってきた音楽、大好きだった音楽、憧れのブラインド・ブレイク・・・・

 夢のようです・・・・  
         

ブレイクだけではない チャーリー・パットンやウィリー・ブラウンもこの場所にいた。
きっとあなたもこの場所へ降り立ったとしたら身震いする感動があるでしょう。

そんな 幸せを感じさせてくれる場所・建物   それが グラフトン・ホテルです。
 

 
  【Paramount Restaurant】


 グラフトン・ホテルの向かいにある建物こそが謎であります。
 ホテルであった時期もありますが刑務所だったこともあり居酒屋、裁判所、レストランであったりと・・・
時期によりその役割が全く異なるようです

 
この写真はセントラルホテルとして経営されていた頃の写真ですが時期の詳細は不明です。
ですがこの建物もそのまま健在であります。

ブルースマン達が訪れた1929から僅か3~4年間の期間この建物は何を営んでいたのでしょうか?

サンハウスの証言の通り、ホテルの向かいにブラインド・レモン・ジェファーソン
ブラインド・ブレイクと勘違いしてます)が宿泊していた(見かけた?)

もしくは同じ日に滞在していたと認識する情報を得た内容が事実であれば、
この建物にブラインド・ブレイクは宿泊しておりここは宿泊施設だったのかも知れない。
まさか刑務所の時期じゃないでしょう、洒落になりませんよ。  

向かいに宿泊していた・・・ ん~  サン・ハウス 本当かなぁ・・・    
 それとも 道の反対側かなぁ? ブレイク飲んでたんじゃない?

本当に目撃していたとすれば、その後写真で確認すれば微かな記憶でも、
ブレイクとレモンの区別はつくでしょう・・・

すでに有名な看板スターだったんだし、 おそらくスタッフか誰かに 
「パラマウント・スターの盲目ギターリストも滞在しているよ」的な話しを聞いたのだと想像してます。
 
いずれにしても、1930年夏と思われるサン・ハウスのセッションの時期には 
ブラインド・レモン・ジェファーソン死亡しておりました(没1929年12月)

 すぐ後のセッションを待っていたブラインド・ブレイクの噂を聞いたのでしょう。

慣れない初録音に しくじって時間をかけてると、
次には看板スターの盲目ギター弾きがお待ちかねだぞって感じでしょうか?
もしかして チャーリー親分からの はっぱ だったりして(笑)

 写真は2008年9月に撮影したものです煙突は無くなっておりますが窓などの外観には大きな
変化もなくそのままの形を残しております。
この時点ではパラマウント・レストランという看板になっておりましたが営業はしていなかったように思います。

現在(2010,10)はParamount Grille & Bakehouseとなっている。
 

  【Piano Road】


この建物(Paramount Grille & Bakehouse)とGrafton Hotelの間の道は、Pianoの鍵盤を模った
ピアノロードと呼ばれる遊歩道が作られてます。

そのピアノロードの黒鍵の部分の石には、このグラフトンに訪れたParamount Starの名前
一人また一人と刻まれてゆくのです。

HENRY " THE MULE" TOWNSEND" , CHARLEY PATTON , MA RAINEY , SON HOUSE ,
そしてBLIND BLAKE.... 

 ピアノロードを歩いていると どこからかブルースハープの音が聴こえてくる・・・・
「あぁ。。。 あのスピーカーから流れてくるのかぁ・・・ 」  

とても静かな町に聴こえてくるブルース・・・ ゆったりと時間が流れる町です。
「お 何故だか サニー・テリーのハーモニカだ。。。」

ピアノロードにあるベンチに自分の名前を入れる事もできます(寄付ですね) 
もしくは道に敷き詰められるレンガも買う事が出来ます。

          
この素敵な鍵盤いっぱいに アーティストの名前がぎっしり彫られるように寄付をお願いします。

名前が刻まれていく彼等にとっては、大仕事(録音)の為に訪れた町・・・
プレスされたレコードはこの町からアメリカ中に広まっていきました。

ブレイクもまさか自分の名前が、80年後にこの録音に訪れた町の石に
刻まれようとは想像もしていなかったでしょうね。
 
この鍵盤には まるで彼らの奏でた音が いや魂が一音 一音 刻まれているかのような・・・・・
私は 石に宿るブレイクの魂を感じられるかも知れないと、そっと隣に横たわりました。

 


そっと目を 開くと真っ青な空が見えます。

この空は 80年前の空と繋がっているんだなぁ・・・・


 
そして70年も経ったある日 当時の貴重な資料が突然出土した事実がある・・・・   

僅かではあるが当時の記憶を持った人も健在であるしどこかにブルースの歴史の欠片
落ちているのではないかとワクワクさせる町、

レジェンド達が確実にこの場所に生きていた事を感じる、、、、、

そんな町がグラフトンです。
 


Copyright © 2017 戦前ブルース音源研究所 Rights Reserved.