foto1
foto1
foto1
foto1
foto1
お問合わせ
labo@pan-records.com
Pan Records

戦前ブルース音源研究所

Pre War Blues Laboratories

ログインして記事を読む

 


 

     Ishman Bracey

 


 

 

最初の音源は、キーEで演奏したと仮定した場合のイシュマン・ブレイシーです。そのときのカッティング・マシンの
回転数は約70回転ということになります。




2番目がオリジナルSPを78回転で再生したもので、キーはF#となります。
3番目は市販されているCDからですが、SPよりなぜか半音低く収録されています。

どうやら、1960年代から市販されているLPやCDにまとめられたSPには
78回転で収録されていないものが多数混ざって、

今や、

どれがどれやら分からなくなっている

と­いうのが本当のところの様です【山本】



  LPの時点1970s辺りに、コレクターから拝借したソースが
半音程度遅く再生した音源が混ざっているようですね。

LP・CD制作段階で テープへのダビングやSP盤の再生に
不慮のミスが起こり収録されたとしたら
 さらにお粗末な話になります。

コレクターの中には意図的に遅く再生をし提供した者がいたのでしょうか?

おそらく78rpmではハヤマワシになってしまうと感じている
リスナーはいたのだと思いますよ。
 CDの時代がその事実が全く忘れられてしまった言う事でしょうか? 

私は このIshmanの検証音源動画の前半 約70rpmを支持します。(菊地)


Copyright © 2017 戦前ブルース音源研究所 Rights Reserved.